税理士に依頼できることは

  • 税理士の仕事について

    • 税理士は「税務の専門家」であり、その仕事は大きく以下の三つに分けられます。



      まず、「税務代理」。
      納税者の代理として、税金の申告などを行います。



      税金は、「自主申告」「自主納税」が基本ルールなので、本来は納税者が自分で計算して納めるべき物です。



      しかし、税法はややこしい仕組みになっているうえ、毎年のように改正されるので、普通の人がすべて把握して納税するのは困難です。



      そこで、税理士に依頼することになります。
      次に、「税務書類の作成」。

      税務署などに対する申告書や、不服申立書などを作成します。
      確定申告書や年末調整などは、年次業務となっています。月次業務としては、試算表や源泉所得税納付書の作成などがあります。顧客によっては、「確定申告だけやってほしい」と言われることもありますが、顧問税理士になればこういった月次業務も引き受けられるので、安定した収入が得られます。



      もちろん、そのためには信頼を得ていることが必要です。
      そして、「税務相談」。



      税務署などへの申告や、税金の計算の仕方などについて相談に乗ります。
      税務相談に加えて経営相談を行っている事務所もありますし、インターネット上で相談を受け付けている事務所もあります。特に昨今は、「タダで税務相談を受け付けている」ということを謳い文句にして、集客を行っている税理士が増加しています。



      最初はタダで相談を引き受けて、そこから顧問契約などにつなげるという狙いがあります。



  • 関連リンク

    • 現在何かの仕事をしている中でも、毎日しっかりと努力することで税理士の資格を目指すことは可能です。この場合、勉強のやり方としては完全に独学で勉強するのか、それとも学校を利用するのか、どちらかの選択となってきますが、やはり税理士の資格を取得するためにはしっかりと試験対策を行うことも重要なので、そうした意味では学校を利用するほうが効率よく勉強をしやすいといえます。...

    • 税理士は「税務の専門家」であり、その仕事は大きく以下の三つに分けられます。まず、「税務代理」。...