税理士に依頼できることは

  • 税理士の試験について

    • 税理士になるには、試験に受からなければなりません。



      そのための試験は、年に1回行われています。



      試験は5科目あり、会計学2科目(簿記論と財務諸表論)と、税法3科目(所得税法、法人税法、消費税法など)から選んで受験します。
      これらの5科目のすべてで6割以上の点を取れれば、税理士の資格が得られます。



      しかし、いずれの科目も合格率は10〜20%となっており、かなり難しい試験といえます。



      とはいえ、5科目いっぺんに合格しなければならないというわけではありません。



      実は、一発合格というのは相当に難しく、過去20年ほどに遡ってみても、数えるほどしかいないのです。

      ですから、1年に1科目または2科目という形で、何年かに亘って合格していくというのが一般的なやり方です。



      長い例だと、10年以上かけて合格した人もいます。

      一度受かった科目は生涯有効なので、試験そのものは難しいものの、長期的な視野で合格を目指すことができます。
      ただし、この試験には受験資格が設定されています。



      学歴による受験資格は、「短大卒以上で、法学または経済学部卒である」「司法試験に受かっている」などがあり、資格による受験資格は、「日商簿記1級に合格している」「会計士補となる資格を持っている」など、職歴による受験資格は、「税理士や公認会計士などの補助業務を行ったことがある」「国税または地方税に関する事務を行ったことがある」などのいずれかの条件を満たしていないと、受験することができません。



  • 関連リンク

    • 現在何かの仕事をしている中でも、毎日しっかりと努力することで税理士の資格を目指すことは可能です。この場合、勉強のやり方としては完全に独学で勉強するのか、それとも学校を利用するのか、どちらかの選択となってきますが、やはり税理士の資格を取得するためにはしっかりと試験対策を行うことも重要なので、そうした意味では学校を利用するほうが効率よく勉強をしやすいといえます。...

    • 税理士は「税務の専門家」であり、その仕事は大きく以下の三つに分けられます。まず、「税務代理」。...